車検が20万円を超えるならその20万円を頭金に新しいクルマに買い換えようかな。

その考えは結構危険。

20万円かかろうと30万円かかろうと新車を買うより、今のクルマを乗り続けたほうが得です。

ただ家族が増えて大きいクルマが欲しいなど環境が変わるのならそれは別の話。車検費用の2o万円とクルマを売ったお金を頭金にローンか追い金をすれば、生活に合った新車が買えてしまうわけです。

だから乗り換える必要性がないのなら乗り換えないというのが正解だと思います。

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s

乗り換えた場合にどのくらい費用を抑えられるのか

クルマは基本的にどれだけ古くなっても、乗り続けるほうがお得です。

それは車検時でも同じ。もし車検が20万円であろうと、新車を買うよりは安いですからね。

でもエコカーに乗り換えたら

  • 減税もある
  • 燃費も安い
  • 壊れても保証がある

だから買い換えたほうがお得なんじゃないの?

って思いますよね?しかし冷静に考えてみてください。

どう考えても乗り換えるより乗り続けたほうが安いです。

例えば税金などの諸費用を含めて200万円のハイブリッドカーを購入するときと比べてみましょう。

減税でどのくらい安くなるのか

ハイブリッドカーであれば、エコカー減税で税金は3年間全カットです。ですので税金分はすべて安くなります。

排気量は2000cc以下で重量は2t以下になるはずなので、

  • 自動車税 39,500円×3年=118,500円
  • 重量税 24,500円 (3年目の車検時に1回だけ)

ですので、合計で143,000円おトク

低燃費でどれだけ安くなるか

次にハイブリッドカーになった場合に燃費はどのくらい安くなるかについて考えてみましょう。

現在リッター10kmのクルマに乗っていたとします。仮にハイブリッドカーに乗り換えたとします。現代のハイブリッドカーであれば、都心部でもリッター25kmぐらいは走ります。

そして年間の走行距離は1万キロとして3年間3万キロ走った場合の計算です。

リッター10kmの場合

30000km÷10(燃費)×150円(レギュラー1Lの値段)=45万円

 

リッター25kmの場合

30000km÷25(燃費)×150円(レギュラー1Lの値段)=18万円

このように結構な差がつきましたね。

ですので乗り換えたほうが3年間で27万円おトク

新車の保証でどれだけ安くなるか

保証があるとはいっても国産車ってほとんど壊れないですよね?

ですので3年間で修理はほとんどないはずなんですが、仮に修理で30万円使ったとしましょう。おそらくそんな金額を支払うことはありませんが多目に計算してみます。

ということで、3年間で30万円おトク

まとめると結局91万3000円おトク

お得になった費用は全部合わせて71万3000円。しかも車検時に乗り換えるので本来かかっていたはずの車検の費用がかかっていません。車検でかかる費用を20万円とします。

全て合わせて91万3000円安くなった。

ここで自動車の購入費用を考えてみましょう。ハイブリッドカーを購入するには、税金なども入れれば最低でも250万円はかかりますね

250万円支払って、91万3000円お得になる。

今回は3年間で考えましたが、2回目の車検を迎える5年間で考えても、お得な金額は250万円には達しないでしょう。

買い換えないほうが金銭的にお得だとなんとなくわかってもらえたでしょうか。

クルマを買い換えるのは金銭的なことだけじゃない

でもクルマを買い換えるのって、お金の話だけじゃないですよね?

損得だけでクルマの買い替えを考えるわけにもいきません。

  • 新しいクルマに乗りたい
  • 家族が増えたから大きいクルマに乗り換えたい
  • 趣味ができて、その趣味にあったクルマに乗り換えたい。

などいろんな理由があります。

クルマを買い換えることは、金銭的には損になります。それでも乗り換えるべき時はあります。

家族が増えて子供やベビーカーを積まないといけないし子供をチャイルドシートに載せるならスライドドアのミニバンがいい。趣味が変わって必要な荷物が積みにくい不便な状態で乗り続けるより、たとえ損であったとしても大きなクルマに乗り換えた方が幸せです。

欲しいクルマがあったり生活環境が変わって今所有しているクルマで不便なら、車検費用が20万円以上もかかるのなら買い換えてもいいと思います。

乗り換えをするのであれば、車検費用を頭金にしたほうが得なのは間違いありませんからね。

もし買い換えるなら、買取価格などを計算してみると損をしない買い替えのタイミングは5年目の車検の時です。

なぜ20万円を超えるのか

そもそもなぜ車検は20万円超えてしまうのか。もう少し安くできないのかについて考えてみます。

車検が20万円超えるのはいろんな理由があります。

  • 走行距離が10万キロが近くなっている
  • 交換部品が多い
  • 大きな修理が必要
  • 過剰整備

などの理由があります。

走行距離が10万キロが近くなっている

走行距離が多くなれば、車検費用が高くなるのは誰でも想像できると思います。

特に10万キロは車検にとっては鬼門で、タイミングベルトの交換が必要です。

タイミングベルトとはエンジン内にある非常に重要な部品。メーカーの推奨で10万キロで交換が一般的です。これが切れるとエンジンは修復不可能なほどに故障してしまいます。

修理代も高額になるので、だいたいの人は車検は通さずに乗り換えで廃車にしてしまうことに。

実はタイミングベルト自体はそんなに高い部品ではないのですが、交換するとなぜ高くなるのかというと、理由は2つあります。

  1. 交換が非常に手間がかかるので工賃が高い
  2. 一緒に交換すべき部品が多数

という2つです。

タイミングベルトはエンジン内部にあるパーツなので、エンジンを車から降ろしてさらにそのエンジンを開けて、交換をするという流れ。エンジンを降ろさなくてもいいクルマもありますが、その場合でも仕事量が多いことに変わりはありません。

作業にはベテランの整備士でも1日かかってしまう。かなり時間もかかるし大変なんです。ですから工賃が高い。

さらにエンジンを車から降ろして分解するなら、一緒に変えておきたいパーツが多いのです。もし壊れたらエンジンを分解しないと交換できないパーツはこの機会に変えておこうというもの。

具体的にはウォーターポンプなどがそれにあたります。

ですからパーツ代も相応にかかってしまうのです。

このように考えると10万キロ近く走った場合は、20万円で済めばかなり安い方だと思ってください。

交換部品が多い

そしてもう一つ可能性があるのが、たまたま交換部品が多い場合です。

  • タイヤ交換
  • プラグ交換
  • ブレーキパッド交換
  • オイル交換
  • etc

など車にはたくさんの交換すべきパーツがあります。これは必要なタイミングで随時交換していけば、1つ1つはそれほど高くありません。しかしそれが車検の時に重なると車検費用が一気に高くなってしまうこともあります。

この費用を安く抑えるには「半年後に交換でもいいパーツはありますか?」と聞いてみましょう。

ディーラーの車検などでは、次の車検まで2年間安心して走れるように整備してくれている場合があります。この場合、今すぐ交換が必要でないパーツも見積もりに入ってしまっています。

ですから半年後に点検受けるからと相談してみれば多少は減額できる可能性もあります。

それでも半年以内には要交換なパーツばかりだと思うので、先延ばしするだけで近々交換しなければならないことは覚えておいてください。

大きな修理が必要

10万キロに到達していなくても、大きな整備が必要な場合がたまにあります。

例えばエンジンやトランスミッションのあたりの修理は金額が大きくなることもあるし、エアコンの修理も高額になる可能性が高くなります。こればかりは運もありますので、仕方がありません。

車検時に見つかってよかったとも言えるでしょう。

過剰整備

もっとも気をつけないといけないのが過剰整備です。もしあなたが車検のことをよくわかっていない場合は、過剰請求を気をつけてほしい。

交換の必要のない部品も交換して、過剰な車検費用を請求をするという整備工場も昔は多かったですが、今はかなり減りました。

対処方法は他の車検工場からも見積もりをとること。

2つ以上、できれば3つほど見積もりをとっても同じ部品を変えないといけないのであれば、その部品は交換しなければいけません。でもこの方法で大幅に減らせる場合もあるので、試してみてください。

あなたのクルマはいくらで売れるのか

車検の見積もりが20万円だからといって、クルマの下取りがいくらかわかっていなければ、乗り換えにするか車検を通すのか判断できません。

値段を知るために見積もりを取りましょう。

そんなときに私が使っているのが、かんたん車査定ガイドです。かんたんクルマ査定ガイドでは

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

を入力するだけで概算の査定額がすぐにわかります。

車体番号や型式も必要ないので1分ぐらいで簡単にできます。本当は買取店やディーラーなどで見積もりをしてもらった方がいいですが、あなたのクルマがだいたいどのくらいで売れるのかの概算がすぐにわかるので便利ですよ。

 

↓ 概算の査定額を調べる ↓