車高を落としていると、車検の時に気になるのが最低地上高(車高)です。

よく9cmあればいいとかマルボロのボックス一個分とかって言いますが、案外間違っていません。でもどこを測って9cmあればいいのかとか、そもそも9cmじゃ車高を通らない車種もあるんですよ。

しかも実はエアロは車高に関係ないってあまり書かれていないと思いませんか?

しっかりと事実に基づいて書いていきたいので、自動車の保安基準(車検で見られる基準)を見ながら書いていきます。

↓興味がある方はどうぞ

参照:自動車の保安基準

df6c90fac7406524893b33f6c744eac6_m

最低地上高は9cm以上ないといけないという嘘

車高は9cmないといけないというのは、半分本当で半分嘘です。

「衝撃に十分耐える構造」及び「アンダーカ バー等が装着されている構造」の自動車における当該構造を有する部位の地上高に あっては、(1)の数値は5 cm 以上と読み替えて適用する。※道路運送車両の保安基準 第163条より引用

難しい言い方をしていますが、

  • アンダーカバー
  • 衝撃に耐えるための部分

については5cmでいいですよ。と書いてあります。例えばトヨタ車であればほとんどアンダーカバーがついているので自動車の底面は基本的に5cmと考えてもいいです。

ただし、前輪の真ん中より前と後輪の真ん中より後ろについては別の基準があるので、前輪と後輪の間の底面は5cmでいいということですね。

「前輪より前」「後輪より後ろ」の車高はタイヤの真ん中からの距離によって決まる

とりあえずここの法律についてそのまま書いてみますね。

前輪より自動車の前方又は後輪より自動車の後方に位置する自動車の地上高 は、次式により得られた値以上であること。 H = Ob・sin 6° 20 ′+2 ただし、各記号の意味は次のとおりとする。 H:自動車の地上高(cm) Wb:軸距(cm) 多軸を有する自動車にあっては、隣接軸距のうち最大のものとする。 Ob:前軸(多軸を有する自動車にあっては、一番前方にある軸)から自 動車の前方の地上高を測定しようとする位置と前軸の中心線との距離又 は後軸(多軸を有する自動車にあっては、一番後方にある軸)から後方 の地上高を測定しようとする位置と後軸の中心線との距離(cm) なお、三角関数正弦の数値は、次の値を用いるものとする。 Sin 2° 20 ′= 0.04 Sin 6° 20 ′= 0.11

ややこしいですね笑 簡単にまとめると

  • オーバーハング 56~72cmの場合 車高は9cm
  • オーバーハング 73~81cmの場合 車高は10cm
  • オーバーハング 82~90cmの場合 車高は11cm
  • オーバーハング 91~99cmの場合 車高は12cm
  • オーバーハング 100~109cmの場合 車高は13cm
  • オーバーハング 110~119cmの場合 車高は14cm

(オーバーハングは前輪の中心から車の一番前の部分を図った寸法のことです。後ろのオーバーハングも同じ要領で測ります)

ですから、ホイールより前に出ている部分が多い場合と後ろに出ている部分が多い場合は、最低地上高も厳しくなるということです。

大きい車であればあるほど最低地上高は厳しくなっていきます。

事実:車高にエアロと足回りは関係ない

車高が気になるときなんですが、エアロは車高に含まれません。だからエアロでベタベタになっている車でも車検は通ります。

保安基準にはこのように書いています。

なお、地上高を測定する際は、次に掲げる自動車の部分を除くものとする。 (a) タイヤと連動して上下するブレーキ・ドラムの下端、緩衝装置のうちの ロア・アーム等の下端 (b) 自由度を有するゴム製の部品 (c) マッド・ガード、エアダム・スカート、エア・カット・フラップ等であ って樹脂製のもの

このcの部分がエアロの話です。

要するにエアロが樹脂製であれば、最低地上高とは関係ありませんということです。

そして足回りの部分(サスペンションなど)は最低地上高に関係なく低くて大丈夫です。

車高を測る場合はエアロや足回りをのぞいた部分の全てで1番低い場所を測ることになります。

最低地上高が基準を下回っていた場合にどうするか

車高が基準より下回っていた場合にお金をかけずに車高をあげる方法が2つあります。

  • 空気圧を3.0ぐらいにまであげる
  • 自動車に乗っている荷物を全ておろす

空気圧を3.0ぐらいにまであげる

この文章がわかる人であれば空気圧の調整ぐらい容易いと思います。

空気圧をあげれば多少は車高が上がります。0.5cmぐらいでしょうか?少し足りないぐらいであればこれで乗り切れる可能性もあります。

自動車に乗っている荷物を全ておろす

もう一つ悪あがきに近い方法ですが、全ての荷物を車から下ろすことです。

スペアタイアがある車両であればスペアタイヤを降ろしてパンク修理キットを購入しておいておきましょう。さらに車高を測るのは実際に検査ラインに入る前の、検査官のチェック時です。

その時はライトやワイパーの点検以外はクルマの中にいる必要はありません。ライトの点検が終わればすぐに降りる。あなたが乗っている重みだけでも数mmは車高がさがってしまいます。

そういった積み重ねで1cmほどは車高を上げられる場合もあります。

純正戻しで車高をあげる

この裏技を使っても無理な場合は、純正戻しや車高調の調整で車高をあげるしかありません。

自分でできる人も車検前に車高を上げてまた下ろすのは面倒ですし、自分で出来ない場合はお金もかかってしまいます。

ただ車検が切れたクルマを運転するとどうなるかにも書いてあるように、車検を通すしかありません。

さらに車検でもお金がかかるので、かなりのお金が必要になってきます。

まとめ

ここまでの話をまとめると

  • 前輪と後輪の間は最低地上から5cmあればいい
  • 前輪より前と後輪より後ろは9cm以上
  • エアロは車高に関係ない