車検が近づいてきたけど、車検の費用が支払えない。

車検の費用さえ払えないのならクルマに乗るなと言われそうですけど、クルマがどうしても手放せない人もいると思います。

車検を通さずにクルマに乗るなんてことを考えてはいけませんよ。大変なことになります。

参考:車検切れにクルマを運転するということ

分割払いの方法は

  • 自動車ローンを利用する
  • クレジットカードを利用する
  • カードローンを利用する

という3つの方法がありますがカードローンが現実的と言えるでしょう。

55b5fa8288a2c4c7b0e5d9a2b2069177_s

基本的にディーラーや整備工場で分割払いはしてくれない

当然の話ではあるのですが、車検のとき「お金がないので分割払いにしてくれませんか?」といっても分割払いにしてくれるような心優しい整備工場はないでしょうね。

身内などで整備工場をやっている人もいれば、お願いをして分割払いにしてくれる可能性はありますが、正直分割払いに対応できるほど整備工場やディーラーは潤ってません。

お金がないのであればユーザー車検(自分で陸運事務局に行って手続きを行う方法)もありますが、その場合でも法定費用といって重量税と自賠責保険の保険料(車種によりますが安くて合計で6万円程度)を現金で支払わなければならないので、あまり意味がありません。

では整備工場やディーラーにお金を支払って車検を通してもらうことになりますが、だいたい10万円ぐらいかかります。

ではその10万円を用意するにはどうしたらいいのでしょうか。

方法1:自動車ローンを活用する

自動車ローンって知っていますよね?そうクルマを買うときに利用するローンのことです。

この自動車ローンというのは自動車を購入するときに使えるだけでなく、自動車の修理や車検などに使えるものもあることを知っていますか?もちろん全ての自動車ローンではありませんが、そうやって使えるものもあるのです。

自動車ローンであればか比較的金利も低くて、車検費用を分割にするのにうってつけなんですが

  • 自動車ローンは同時に2契約はかなり通りにくい
  • 審査が厳しい
  • 車検費用に使える自動車ローンがすくない

というデメリットがあります。

自動車ローンは基本的に1つの契約しか通りません。人によっては2契約できるのですが、かなりいい会社に勤めているとか年収が高いかなど非常に珍しい例です。

だから今クルマを買った時の自動車ローンがまだ支払い中なのであればこの方法は使えません。

そして車検費用にも使える自動車ローンは銀行の契約になるので、審査が厳しくなってしまいます。だからどこかで支払いが遅れていたりすると審査も通りにくいのです。

こんな方法もありますよというお話で、実際には難しいと思います。

方法2:クレジットカードを利用する

2つ目の方法はクレジットカードの分割払いを利用するという方法です。

この方法が一番手軽で早いのですが、

  • クレジットカードの上限を圧迫する
  • 法定費用は現金で支払う必要がある

というデメリットがあります。

まずクレジットカードを使えば、クレジットカードの上限金額を圧迫します。

少し失礼なんですが、車検費用が払えない状況だとクレジットカードの上限金額もギリギリまで使っていないでしょうか?私も過去に同じような経験があります。

なんとか車検費用をクレジットカードで支払ったとしても、来月以降の生活に支障がでてくる可能性もありますよね?

さらに車検費用が10万円だとして、クレジットカードで支払えるのはそのうちの4万円程度だけです。なぜかというと車検費用の中には法定費用(重量税+自賠責保険料+印紙代)というのがあって、これは現金で支払う必要があります。

しかも法定費用は車種によりますが、最低でも5~6万円程度はします。

だからクレジットカードで分割したとして、最低でも5万円は現金で用意しなければならないということです。

正直あまり現実的な方法ではないのではないでしょうか。

方法3:カードローンを利用する

方法の3つめはカードローンを利用するということです。

カードローンは銀行などの金融機関のローンで、審査を事前に通しておけばカードが発行されて必要な分だけお金が借りられるローンのことです。

車検の見積もりが出たら、その分だけ借り入れをすれば現金でお金を借りられるので、法定費用の支払いにも利用できるのがメリットです。しかもクレジットカードとは別枠になりますので、クレジットカードの上限も圧迫することはありません。

ただ自動車保険のように金利は安くないのがデメリット。ですので借りたらできるだけ早く返す必要があります。

ただ車検費用が10万円だとしたら、毎月5000円返していけば利息をいれても2年もあれば完済できます。

少し金利は高いですが、他の方法が無理なのであればカードローンを利用するのが一番現実的じゃないかと思います。

実際私も以前カードローンでお金を借りて、車検を通した経験があります。

消去法ですが現実的な方法はカードローン

自動車がどうしても必要な人にとっては車検を通せないのは死活問題です。

だから車検費用を分割するのには、自動車ローンやクレジットカードという方法もありますが自動車ローンは実際難しいし、クレジットカードは法定費用で最低5万円は用意する必要があります。

その点カードローンなら、法定費用も分割できるし、その後も毎月5000円程度の返済をしていけばちゃんと返していけるので利用しやすいと思います。

ただしカードローンも、毎月5000円の支払いができない人にはおすすめできません。そういう場合はクルマを手放すしか方法はないと思います。

カードローンについては↓このサイトにくわしく書いていますのでリンクを貼っておきます。

審査に不安がある方のカードローンについて

カードローンの審査には数日かかるものもあるので、とりあえずカードを発行しておくといいでしょう。

発行さえしておけば、実際に借りるかどうかはあとから決められますし、やっぱり違う方法にしたい場合にはそのカードを使わなければいいだけです。

いざという時のために面倒でも今やっておくといいですよ。