そろそろ2年に一度の車検。近づいてきたら10万円近い費用を用意しないといけないかと思うと、気分が暗くなりますよね。

10万円レベルならまだいいのですが、付き合いの長い車になってくると、車検で20万円なんてこともすくなくないはず。クルマが必要なければ売ってしまえばいいのかもしれませんが、毎日の生活に必要で手放せない人もいらっしゃると思います。

でも車検の費用ってローンが組めるって知っていますか?

184c7ce5ccf376a42991c5aa38b978cf_s

自動車ローンは車検費用にも対応している

自動車ローン組んだことはありますよね?自動車を購入するときのローンのことです。

自動車ローンは自動車の購入費用に使うことが多いのですが、自動車の修理費用や車検の費用などにも使えるんです。

 

だから少し面倒ではあるのですが、自動車ローンを車検費用として審査を通せば、ローンで支払うことが可能です。

  • 銀行系の自動車ローン
  • 信販会社系の自動車ローン

など色々ありますが。信販会社系の自動車ローンが借りやすいはずです。例えばディーラーや販売店では信販系の自動車ローン扱っているはずなので、車検を受ける時に相談してみましょう。購入費用を借りる時よりは審査が通りにくいのですが、試してみる価値はあります。

銀行系の自動車ローンは審査は通りにくいものの、金利は低い傾向にありますので、挑戦してみてもいいでしょう。

ただ自動車ローンには弱点もあります。

自動車ローンは2つ以上契約できない

車検費用支払うための自動車ローンは審査が通りにくいと言われています。

理由は2つあって、自動車ローンは2つ同時に契約ができないことがほとんど。なので自動車ローン返済中の人は、新たに自動車ローンをくんで車検費用にあてることができないのです。

あと自動車購入の場合であれば自動車自体が担保になるので、たとえローンが支払えなくなったとしてもクルマを回収すれば、ローン会社も損をすることもないんですが、車検費用を貸したとしてもは担保として取れるものがありません。

だから車検費用に自動車ローンは使えるものの、実際に審査を通貨する人は少ないんですよね。

車検の自動車ローンが通らないときの2つの方法

車検の費用とはいっても10万円ぐらいなので方法はいくらでもあります。

もし車検の費用が20万円を超える場合は、検索 20万円 車検が20万円を超えても絶対にクルマを買い換えるべきではない理由も読んでみてください。

具体的には

  • クレジットカードを使って分割支払いにする
  • カードローンなどのフリーローンでお金を借りて車検を通す
  • クルマを売って車検アリのクルマを購入する

という3つの方法があります。

クレジットカードを使って分割払いにする

まず一番簡単な方法はクレジットカードを使って分割払いにするという方法です。

まぁこれくらいは誰でも思いつきそうですね。ただクレジットカードの分割払いは金利が高いので気をつけてください。自動車ローンだと5.9%とかですけど、クレジットカードは20%近く取られる場合がありますので。

カードローンなどのフリーローンでお金を借りて車検を通す

まず1つ目はフリーローンでお金を借りる方法です。

カードローンやフリーローンを契約することです。自動車ローンは2つ契約できないのであれば、違うローンを契約すればいいのです。

アイフルやアコムなどがそれにあたりますね。ただしこれも金利が高いのがデメリット。あと消費者金融にあたるのでできれば避けたいという人も少なく無いはず。

クルマを売って車検アリのクルマを購入する

1つ目は今のクルマにこだわりがない場合です。

クルマを手放すことはできなくても、一旦クルマを売却してそのお金で車検残っているクルマを購入するという方法です。デメリットは

  • クルマのグレードが下がる
  • 気に入っているクルマを売ることになる

という点がありますが、メリットは

  • 車検費用を出すことなくクルマに乗り続けることができる
  • クルマのグレードが下がるので、次の車検時にも車検の費用が少なくて済む

というメリットがあります。

この方法をとるには、クルマを売った場合に30万円ぐらいにならないと次のクルマを買うことができません。

あなたのクルマがいくらぐらいになるのか確認したい場合は、かんたん車査定ガイドを使うと便利です。

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

を入れるだけで、だいたいのクルマの査定額がわかります。

↓ 概算の査定額を見てみる ↓